どうも!タカケンです。

今回は、写真撮影ではなく、動画撮影についての解説をしていきます!

あなたは動画撮影よくする方ですか??

自分はあまり動画撮影をする機会は少ない方でした笑

よくある友達とかと、ふざけて撮るムービー的な物は撮っていましたが風景とかガッツリ動画にするってことはなかったですね~

なので本格的に動画を撮り始めたのは最近です笑

最近始めた奴が解説なんか出来んのかぁ??と思う方もいると思いますがマジでこの2つのポイントを覚えれば劇的に動画の質は向上します!!

ちなみにこの2つのポイントに気が付くまでに自分は1週間ほどかかりました。

この記事を読んでいるあなたはラッキーですね♪1週間かけないとわからないこともこの記事を読めば数分で理解することができます!

マジで1週間前の自分jに読ませたいです笑

では、始めていきますね。

動画撮影が向上するポイント1 撮影時間に気を付けよう!

1つ目のポイントとして重要なのが撮影時間です。

何が言いたいかというとこの動画を見てもらえればわかると思います!

この動画は自分が初めて本格的に動画撮影に挑戦した時の動画です。

↓        ↓

どうですか?笑

いいか悪いかどちらかというと…うーんて感じですよね!

先に言ってしまうと原因は、1カットの時間が長いってことなんです。

1カットの時間が長いと見飽きてしまいますよね笑

しかも画面が切り替わる時、音楽とマッチしてないんですね…。

でも、この動画が完成した時はめちゃめちゃ自信満々でした笑

動画を作るという行動を起こせたのはよかったのですが、もう少し見直しておけばよかったです!

そして、1週間たってこの原因に気づいた後の動画がこちら!!

↓        ↓

ちょっとは見やすい動画になったと思います!

自分の中のルールとして1カット5秒~10秒程度がベストだと思っています。

次は2つ目のポイント!

動画撮影が向上するポイント2 ブレのない映像を撮ろう!

2つ目なんですけどこれはめちゃくちゃ大事!

ブレというのは手振れの事ですね。

この手ブレがあると見ている人は映像に酔ってしまうことがあります。

しかも手振れがあることによってその映像自体のクオリティーも下がってしまう原因となります。

手振れを減少させる撮り方

1.脇は開かない  

二の腕は胸に密着させて脇を締めましょう!こうすることで、より安定させることができます♪

2.できるだけズームでの撮影はしない 

ズームは、遠くから撮影する時に重宝するズーム機能ですが、少しカメラが動いただけで場所が大きくずれてしまうんです!! 
事前に撮影場所からのシュミレーションしておき、撮影中はできるだけ同じ倍率のままで撮影しましょうね♪

あと、器具を使い手振れをなくすという方法もあります!

ジンバルやスタビライザーなどですね。

自分もジンバルを使い手振れをなくしています。

こちらのジンバルについては別の記事で詳しく書いているのでぜひ読んでみてくださいね!

2つのポイントのまとめ

最後に、大切な2つのポイントについてまとめていきましょう。

1.撮影時間に気を付けよう!1カット5秒~10秒がベスト。

2.ブレのない映像を撮ろう!なるべくカメラがブレない体勢で撮ろう。

この2つだけ!

この2つのポイントを守るだけで一気にレベルが上がると思っていただいても大丈夫です。

逆に言えば、この2つのルールを守らないために上達しない、といっても過言ではありません。

この2つを覚えないうちは高度なテクニックを学んでもほとんど効果は期待できないと思います。

以上 動画撮影の2つのポイントの解説でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます♪

動画撮影を始めてみよう!撮るのがうまくなる!基本の2つのポイントを解説。

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です